自宅の庭を遊び場に!子供が遊べるスペースづくり
36
ガーデンスペース

自宅の庭を遊び場に!
子どもが遊べるスペースづくり

様々な希望を叶えて建てたお家でも、住んでいればあれこれ出てくるお悩みや困りごと。そんな住まいのエクステリアのお悩みや、毎日の暮らしがちょっと良くなる「いいコト」をご紹介するこのシリーズ。
ナビゲートするのは、築5年の戸建てに住む主婦の陸田知美(りくたともみ)さん。周りの人からはシルミさんと呼ばれています。情報収集に熱心で、時にはご近所さんのお悩みまで解決してしまうしっかり者。さて、今回のテーマは?

シルミのエクステリア講座

子どもが小さいと、週末は公園通いでなかなか休めないわよねぇ

 家の中にいると飽きちゃうもんね。でもあなたのお家は庭があるでしょ?そこで遊ばせたら?

 確かに庭で遊んでくれたら助かるわよね。でも手入れしてないし、遊具もないから、遊ぶ場所という感じではなくて…

 そうなの?スペースがあるのにもったいない!何かいい方法がないか、ちょっと調べてみるわ

工夫次第で庭が
公園のように使える!?

お子さんが小さいうちは、週末が来る度に公園に通う方も多いのではないでしょうか。
暑い夏や、凍える冬。公園で立ちっぱなしでいると「たまには家でのんびりしたいな」と思うこともありますよね。もしお庭があるお宅なら、子どもが遊べる庭づくりをしてみませんか。

レジャーシートでお手軽アウトドア

手軽にお庭でアウトドアを楽しみたい方には、定番のレジャーシートがおすすめ。最近では、おしゃれで機能的なレジャーシートもたくさん販売されています。例えば、座り心地や暖かさが気になるなら起毛素材タイプ、使用後の土汚れが気になる場合は洗濯機で丸洗いできるタイプなど使いやすい1枚を見つけてみましょう。

家族で思い切り水鉄砲バトル!

公園では周囲の人に掛からないか気になる水鉄砲ですが、自宅のお庭であればそういった心配も減るので思いっきり楽しめます。水鉄砲は子ども用の小さめのものから、加圧式で水の飛距離も出るウォーターガンタイプまで種類もさまざま。商品ごとの対象年齢を参考に、安全に楽しく遊びましょう!

リフォーム気分で砂場をDIY!

砂遊びが好きなお子さんなら、手作りの砂場を作ってみてはどうでしょう。作り方は、レンガや防腐処理済の木材で枠を作り、防草シートを敷いた上から砂を入れるというもの。砂は、ホームセンター等で除菌砂を選ぶと良いでしょう。また、ノラ猫のトイレにならないよう、フタも用意すると安心です。

ウッドデッキがあれば
お庭の可能性が広がる

子どもが遊べる庭に改造するなら、小さい時だけでなくて長く使える空間にしたいものです。そこでおすすめなのが、室内の床とのつながりを演出するウッドデッキ。お部屋から一続きになるウッドデッキは、室内外を心地よくつないで、家族みんなに便利な空間をつくってくれます。

いつもの遊びが特別に

いつもの遊びが特別に

子どもはちょっとしたワクワクが大好きですよね。いつものおままごとやミニカーも、ウッドデッキで日向ぼっこをしながら遊べば、楽しさアップ!

休日はピクニック気分で家族ランチ

休日はピクニック気分で家族ランチ

のんびりできる休日は、ウッドデッキにテーブルセットを出してランチ!リビングから一続きのウッドデッキなら、料理や食器を運ぶのが楽なので思い立った時に気軽に楽しめます。時には友人家族も呼んでホームパーティー!ウッドデッキが家族の楽しい思い出を育んでくれそうです。

夏のビニールプールも快適

夏のビニールプールも快適

夏の定番ビニールプール。土の上にそのまま設置すると石ころでプールの底面がごつごつしてしまったり、プールから上がった時に足が土で汚れたりと、不便さを感じてしまうことも。ウッドデッキの上ならプールを設置しやすく、水から上がっても足が汚れにくいので、快適にプールを楽しめます。

たとえばLIXILの樹ら楽ステージは、部屋の延長として開放感のある空間をプラスしてくれるウッドデッキシリーズ。エコ素材で作られた人工木なので風雨による劣化を気にすることなく、お掃除などのメンテナンスも簡単です。木の温もりや質感を再現しながらも腐食や白蟻に強い床材なので、干割れやささくれがなく子どもを安心して遊ばせることができます。
また、一緒に日よけのオーニングやテラス屋根を施工すれば、夏の熱射病対策に。見守るパパママも快適に過ごせます。

 ウッドデッキは子どもやペットと過ごすのにピッタリね!子どもが大きくなったら、ゆっくり本を読めるスペースにしたいなあ!

ガーデンルームなら、

雨の日や花粉の時期の外遊びもOK!

さらに、ウッドデッキだけでなくガーデンルームを取り付ければ、庭が天候を気にせずに遊べるとっておきのスペースになります。LIXILのジーマなら折戸パネルを全開・全閉にしたり、一部分だけ開けたりできるので、家にいながら外を感じる空間で過ごすことができます。子ども達がおもちゃを広げても大丈夫! こんな特別な空間なら、雨の日の遊びもワクワクできそうですよね。この他にも、家の中では置き場所に困る砂場セットやボールなどの外遊びの道具を置くスペースとしても便利です。

ガーデンルームなら、雨の日や花粉の時期の外遊びもOK!

ウッドデッキで、荒れ果てたわが家の庭を家族の団らん場所に変えられそうね!

 うんうん!子どもを見守りながら、親ものんびりできる。そんな時間を過ごせる庭って理想的じゃない?

あわせて読みたい

  • おうち時間がもっと楽しくなる!子どもでも簡単な家庭菜園の始め方

    おうち時間がもっと楽しくなる!子どもでも簡単な家庭菜園の始め方

    ガーデンスペース
  • カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?

    カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?

    good
  • 【建売住宅・リフォーム編】外構工事の流れを徹底解説! 建てたあとからのエクステリアづくりのコツ

    【建売住宅・リフォーム編】外構工事の流れを徹底解説! 建てたあとからのエクステリアづくりのコツ

    good
  • ガーデンルームGFでおうち時間を充実させよう!

    ガーデンルームGFでおうち時間を充実させよう!

    ガーデンスペース

最近のいいコト

  • おうち時間がもっと楽しくなる!子どもでも簡単な家庭菜園の始め方
  • カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?
  • 【建売住宅・リフォーム編】外構工事の流れを徹底解説! 建てたあとからのエクステリアづくりのコツ
  • ガーデンルームGFでおうち時間を充実させよう!
  • 【新築戸建て編】 外構工事の流れを徹底解説! 住まいの満足度は外構で変わる
  • プライバシーを守りたい人のためのフェンスAB
  • 家時間が増えた今やっておきたいお家の紫外線対策とは?
  • 非対面でも安心して受け取れる!門袖の壁にも収まる宅配ボックス
  • 梅雨の洗濯物対策には ガーデンルームがおすすめ!
  • エコで楽しい自然のエクステリア。「グリーンカーテン」で真夏を乗り切ろう
  • スタイリッシュで風や雪にも強いカーポートSC1500
  • 玄関アプローチのおしゃれなデザインと作り方をご紹介