目隠しフェンスの選び方。最適な高さと設置場所ごとのポイントをご紹介
02

目隠しフェンスの選び方。
最適な高さと設置場所ごとのポイントをご紹介

リビングでテレビを観たり、ダイニングで食事をしたり。家でくつろいでいる時、周囲からの視線を感じると「ドキッ!」としますよね。気兼ねなく暮らしを楽しむには、プライベートがしっかり確保されていることも重要なポイントです。そんな思いに応えてくれるのが「目隠しフェンス」。上手に活用すれば、今の住まいがもっと居心地の良い空間に一新しますよ。

目隠しフェンスを選ぶ前に

目隠しフェンスを選ぶ前に

目的を明確にすること

「ご近所からの視線を遮りたい」「道路から洗濯物が見えないように」など、目隠しのフェンスを設置する理由や目的はさまざまです。第一段階として、「何(どこ)から」「何を」目隠しするのかを明確にしておくことが大切。それによって、適切な目隠しの方法やデザイン、必要な高さも変わってきます。

敷地の状況を確認

隠したい場所と、見られる場所(道路や隣家など)との高低差、つまり位置関係を確認することが大切です。例えば、敷地や室内が道路側よりも高い場合は、フェンスが低めでも視線を遮ることができます。逆に、相手側の位置が高く、わが家を見下ろされるような位置関係なら、目隠しフェンスをより高めにするか、それ以外の方法も検討する必要があります。

フェンスの高さを決める目安は?

地面からフェンスの上(端)までの一般的な高さは約180~200cm。180cm程度の高さがあれば通行人からの目隠しが可能とされています。これは人が立っている時の目線が基準となっており、家族の身長や、「ソファで寝転んでいる時」「椅子に座っている時」といった場所や姿勢によって異なります。フェンスの高さは、風通しや日当たり、敷地の状況なども総合的に考えながら選びたいもの。

180~200cmはあくまで目安として、具体的にどの場所に、どれくらいの高さが必要かは実際にメジャーなどで測って決めていくのがおすすめです。

フェンスの高さを決める目安は?

目隠ししたい場所に、
適したフェンスを選ぼう

隣家との境界

距離が近いため、ほぼ完全に目隠しのできるタイプで防音性の高いものが適しています。外から見て目立ちにくいので、機能性を重視して選んでもOK。ただし、お隣からの印象にも配慮して、高さは必要最低限に抑えたほうが無難です。


人通りの多い道路側

背が高く、完全に視界をシャットアウトするようなフェンスにすると、侵入された時の死角になる恐れがあります。防犯のためにも周囲の様子がある程度わかりやすく、外観の雰囲気に調和したデザインを選ぶのがポイントです。


リビング

一般的な住まいの床は地面より50~60cm高くなっており、目隠しフェンスもそれに応じた高さが必要です。ただし、2m以上となると室内に圧迫感や閉塞感が出たり、風通しや日当たりが遮られたりします。視線に入ってこないギリギリの高さにするか、採光性や通風性を備えたタイプを選ぶといいですよ。


庭、植栽

人目を気にせずガーデニングや庭でのティータイムを楽しむなら、自分や周囲の人が立った状態でも見えないような高さを目安に。和風や洋風など、ガーデニングプランに合わせてフェンスのデザインにもこだわってみては。グリーンと相性の良い木目調のルーバータイプなら、植物への通風や採光も確保。目の荒いフェンスにつる性植物を絡ませて、目隠しと兼用してもおしゃれです。


バスルーム

「何が違うの?」にお応え!

素材別、フェンスの特長解説

ひとことでフェンスといっても、使われている素材はさまざま。住まいに合ったフェンスを選ぶには、素材ごとのメリットを知ることも大切です。そこで、素材別にフェンスの特長をご紹介しますので、設置の際はぜひ参考にしてくださいね!

優れた耐久と豊富なデザインが特徴
「アルミ製フェンス」

アルミ製フェンス

優れた耐久と豊富なデザインが特徴
「アルミ製フェンス」

アルミ製のフェンスは、サビや腐食に対する耐久性に優れています。海岸地域にお住いの方も安心して設置できます。また、アルミフェンスには、直線を活かしたシャープなデザインが多い「アルミ形材」と曲線や凹凸など装飾性に優れた「アルミ鋳物」の2種類があります。どちらもデザイン豊富なため、住宅にあわせてコーディネートを楽しめます。

やさしい木の風合いを感じる、
「樹脂製フェンス」

樹脂製フェンス

やさしい木の風合いを感じる、
「樹脂製フェンス」

樹脂(プラスチック)と木粉を混ぜた樹脂製フェンスは、本物の木のような自然の温かみを感じさせます。樹脂製フェンスの最大のメリットは、腐食しないこと。防腐剤を塗装する必要がないので、メンテナンスも簡単です。定期的な水洗いで美しい状態を維持できるので、長く、気軽に木目調の美しい外観を楽しみたい方におすすめです。

住まいに開放感を演出。
「スチール製フェンス」

スチール製フェンス

住まいに開放感を演出。
「スチール製フェンス」

シンプルな網目状のスチール製フェンスは、通気性がよく開放感のある庭や門まわりを演出。衝撃にも強く、お子さまがボールをフェンスに当てても衝撃を吸収するので、フェンスへのダメージが少なく済みます。目隠し効果を高めたい方は、つる性の植物やハンギングバスケットを吊るすなど、視線を遮りたい場所にグリーンを活用するといいですよ。

あわせて読みたい