どこまで必要?目隠しフェンスの設置場所と高さ
02
フェンス・スクリーン

どこまで必要?
目隠しフェンスの設置場所と高さ

リビングでテレビを観たり、ダイニングで食事をしたり。家でくつろいでいる時、周囲からの視線を感じると「ドキッ!」としますよね。気兼ねなく暮らしを楽しむには、プライベートがしっかり確保されていることも重要なポイントです。そんな思いに応えてくれるのが「目隠しフェンス」。上手に活用すれば、今の住まいがもっと居心地の良い空間に一新しますよ。

目隠しフェンスを選ぶ前に

目隠しフェンスを選ぶ前に

目的を明確にすること

「ご近所からの視線を遮りたい」「道路から洗濯物が見えないように」など、目隠しのフェンスを設置する理由や目的はさまざまです。第一段階として、「何(どこ)から」「何を」目隠しするのかを明確にしておくことが大切。それによって、適切な目隠しの方法やデザイン、必要な高さも変わってきます。

敷地の状況を確認

隠したい場所と、見られる場所(道路や隣家など)との高低差、つまり位置関係を確認することが大切です。例えば、敷地や室内が道路側よりも高い場合は、フェンスが低めでも視線を遮ることができます。逆に、相手側の位置が高く、わが家を見下ろされるような位置関係なら、目隠しフェンスをより高めにするか、それ以外の方法も検討する必要があります。

フェンスの高さを決める目安は?

地面からフェンスの上(端)までの一般的な高さは約180~200cm。180cm程度の高さがあれば通行人からの目隠しが可能とされています。これは人が立っている時の目線が基準となっており、家族の身長や、「ソファで寝転んでいる時」「椅子に座っている時」といった場所や姿勢によって異なります。フェンスの高さは、風通しや日当たり、敷地の状況なども総合的に考えながら選びたいもの。

180~200cmはあくまで目安として、具体的にどの場所に、どれくらいの高さが必要かは実際にメジャーなどで測って決めていくのがおすすめです。

フェンスの高さを決める目安は?

目隠ししたい場所に、
適したフェンスを選ぼう

隣家との境界

距離が近いため、ほぼ完全に目隠しのできるタイプで防音性の高いものが適しています。外から見て目立ちにくいので、機能性を重視して選んでもOK。ただし、お隣からの印象にも配慮して、高さは必要最低限に抑えたほうが無難です。


人通りの多い道路側

背が高く、完全に視界をシャットアウトするようなフェンスにすると、侵入された時の死角になる恐れがあります。防犯のためにも周囲の様子がある程度わかりやすく、外観の雰囲気に調和したデザインを選ぶのがポイントです。


リビング

一般的な住まいの床は地面より50~60cm高くなっており、目隠しフェンスもそれに応じた高さが必要です。ただし、2m以上となると室内に圧迫感や閉塞感が出たり、風通しや日当たりが遮られたりします。視線に入ってこないギリギリの高さにするか、採光性や通風性を備えたタイプを選ぶといいですよ。


庭、植栽

人目を気にせずガーデニングや庭でのティータイムを楽しむなら、自分や周囲の人が立った状態でも見えないような高さを目安に。和風や洋風など、ガーデニングプランに合わせてフェンスのデザインにもこだわってみては。グリーンと相性の良い木目調のルーバータイプなら、植物への通風や採光も確保。目の荒いフェンスにつる性植物を絡ませて、目隠しと兼用してもおしゃれです。


バスルーム

目隠しフェンスも、
おしゃれにさりげなく

フェンスは外からの見た目だけではなく、内側からの景観にも大きく影響します。どちらから眺めても、違和感のないデザインにしたいもの。機能的でデザイン性の高い、LIXILおすすめの目隠しフェンスをご紹介しますので、参考にしてくださいね!

スリットライン

スリットライン

「目隠し」「採光&遮光」「通風性」がコンセプトのシンプルなスタイルのスクリーン。爽やかな光や風を住まいに取り込みます。

プログコートフェンス

プログコートフェンス

高尺ハイグレードのフェンス。光と風を導きながら心地よい空間を創り、プライバシーやセキュリティにも配慮されています。

サニーブリーズフェンス

サニーブリーズフェンス

フェンス本体は、目隠しと風通しの性能を兼ね備えたルーバー構造。ASA樹脂性のブレイドが光を適度に通して圧迫感を軽減します。

目隠しフェンスも、おしゃれにさりげなく

あわせて読みたい

  • 外まわりを自然に演出する「生垣」。知っておきたいお手入れの方法と時期

    外まわりを自然に演出する「生垣」。知っておきたいお手入れの方法と時期

    フェンス・スクリーン
  • カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?

    カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?

    good
  • プライバシーを守りたい人のためのフェンスAB

    プライバシーを守りたい人のためのフェンスAB

    フェンス・スクリーン
  • エコで楽しい自然のエクステリア。「グリーンカーテン」で真夏を乗り切ろう

    エコで楽しい自然のエクステリア。「グリーンカーテン」で真夏を乗り切ろう

    フェンス・スクリーン

最近のいいコト

  • 外まわりを自然に演出する「生垣」。知っておきたいお手入れの方法と時期
  • 夏のおうち時間を涼しく快適に!直射日光をおしゃれに防ぐ方法とは?
  • おうち時間がもっと楽しくなる!子どもでも簡単な家庭菜園の始め方
  • カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?
  • 【建売住宅・リフォーム編】外構工事の流れを徹底解説! 建てたあとからのエクステリアづくりのコツ
  • ガーデンルームGFでおうち時間を充実させよう!
  • 【新築戸建て編】 外構工事の流れを徹底解説! 住まいの満足度は外構で変わる
  • プライバシーを守りたい人のためのフェンスAB
  • 家時間が増えた今やっておきたいお家の紫外線対策とは?
  • 非対面でも安心して受け取れる!門袖の壁にも収まる宅配ボックス
  • 梅雨の洗濯物対策には ガーデンルームがおすすめ!
  • エコで楽しい自然のエクステリア。「グリーンカーテン」で真夏を乗り切ろう