おしゃれなベランダは床の素材選びから。コーディネート例と活用のポイントは?
22

おしゃれなベランダは床の素材選びから。
コーディネート例と活用のポイントは?

様々な希望を叶えて建てた家でも、住んでいればあれこれ出てくるお悩みや困りごと。そんな住まいのエクステリアのお悩みや、毎日の暮らしがちょっと良くなる「いいコト」をご紹介するこのシリーズ。ナビゲートするのは、築5年の戸建てに住む主婦の陸田知美(りくたともみ)さん。周りの人からはシルミさんと呼ばれています。情報収集に熱心で、時にはご近所さんのお悩みまで解決してしまうしっかり者。
さて、今回のテーマは?

毎日の暮らしがちょっと良くなる「いいコト」を女性目線でご紹介

ベランダを
カフェのテラス席のようにしたい!

 このお店、オープンテラスが素敵ね!フランスの街角にいるみたいだわぁ

風も感じられるし、リラックスできるよね

家でもこんなオープンなスペースが作れたらいいのにな

 だったら、ベランダはどう?最近、ベランダにおしゃれな家具を置いたり、カフェ風にしている写真もよく見るし。いい方法がないか、ちょっと調べてみるわ

ありきたりな床の印象を変えてみる

何もしなければ、洗濯を干すだけのスペースになりがちなベランダ。でもちょっとした工夫で生活感を抑えて、オープンテラス風の空間に変えることができます。グリーンを置いて彩りを豊かにしたり、コンパクトなチェアを置いてリラックスできるスペースをつくったり。家で過ごす時間がグッと充実しそうです。

簡単に空間の印象を変えたいなら、面積が広く目に入りやすい床を変えてみましょう。

おすすめの方法はベランダ用床材の設置。床材を敷くことで味気ない印象のベランダが、おしゃれでくつろげる空間に生まれ変わります。まずは、どのような種類があるのかご紹介します。

ナチュラルな雰囲気に仕上げるウッドパネル

ナチュラルな雰囲気に仕上げるウッドパネル

天然木と人工木の2つから選べます。自然な風合いと木の温もりを感じたい方は天然木、お手入れを簡単にしたい方は耐久性・メンテナンス性に優れた人工木がおすすめです。

こまめなお手入れが不要な人工芝

こまめなお手入れが不要な人工芝

人工芝のメリットは肥料や水をあげたり、こまめなお手入れが不要なこと。手間をかけずに芝の風合いを楽しめます。より自然な見た目を重視するなら、緑だけでなく茶色や黄色など色の違いがある芝生がおすすめです。

上質な空間をつくる磁器質タイル

上質な空間をつくる磁器質タイル

高級感のある磁器質タイルは、ベランダをモダンな印象に。磁器質タイルは加工によって質感や表情が変わるので、お気に入りのデザインを見つけましょう。また、リビングの床材と色をそろえると室内にひろがりを感じることができます。

LIXILのフロア化粧材「ステージア」なら、フロア材同士をパチンとはめ込むだけの簡単施工でベランダを美しいフロアに変身させることができます。色柄や素材もタイルやプラスチックなどお好みのものを選べます。

LIXILのフロア化粧材「ステージア」

ご自宅のベランダをウッドデッキ風の空間に変えたい方は、「レストステージ」がぴったり。ベランダと室内の段差を減らしたり、同じ高さに調整することができるので、室内から食べ物を運ぶのもスムーズに。食事やティータイムなど、ベランダで過ごす時間がぐっと楽しくなります。

レストステージ

くつろぎ感をアップさせるなら

ファニチャーはマスト

床をタイルやウッドデッキに変えるだけで、ベランダの印象は大きく変わりますが、カフェのようにくつろげる空間にしたいなら、ガーデンファニチャーが欠かせません。ただ、ガーデンファニチャーと言っても、さまざまなサイズや種類があります。わが家のベランダのスペースに合わせて、どんな空間にしたいか、まずは目指す雰囲気に合った材質から選んでみましょう。

アルミ製のガーデンチェア

アルミ製のガーデンチェア

アルミ製のガーデンチェアは、汚れてもさっと拭けてお手入れがしやすく、初心者でも取り入れやすいのが魅力。また、色によって印象を変えられます。シルバーだけでなく、ウッド素材を取り入れたものならナチュラルな雰囲気にも馴染みます。

ウッド素材のテーブルセット

ウッド素材のテーブルセット

スペースに余裕があるなら、ウッド素材のテーブルセットを置くとリラックス感がさらにアップ。グリーンとの相性もよく、避暑地にいる様なくつろぎ感を演出できます。クッションやラグをプラスしてオープンカフェやグランピング風に演出するのもいいですね。

ラタンのガーデンチェア

ラタンのガーデンチェア

アジアのリゾートスタイルを作るなら、籐(ラタン)のガーデンチェアもおすすめです。ラタンを複雑に編みこんだデザインは、ナチュラルでありながら高級感があります。ベランダに置くなら扱いやすい人工ラタンがおススメ。質感はそのままに、お手入れのしやすさが人気です。

LIXILでは、ラタンの素材感やデザイン性を高密度樹脂の人工素材で再現した「ガーデンファニチャー」をご用意。ラタンの風合いは保ちつつ、対候性にも優れているので、ベランダでも安心して上質なくつろぎの時間を楽しめます。

 私はアジアンリゾートが大好きだから、ラタンの家具に憧れちゃう!人工ラタンはお手入れもしやすいし、扱いやすそうね

目隠しをプラスして人目を気にせず
くつろげるスペースに

LIXILの横格子ルーバー

ベランダに床を敷いたり、ガーデンファニチャーでコーディネートしても、通行人から丸見えでくつろげない……。そんな方は、ルーバーでおしゃれに目隠しを。LIXILの横格子ルーバーは、階下からの視線を遮りながら、風を取り入れます。プライバシーはしっかり確保しつつ、ベランダの開放感を楽しめます。

ベランダが変われば
休日がグレードアップ!

 シルミさんありがとう!工夫次第で憧れのカフェのような空間が作れそうね!

 そうなの!我が家はまず床をタイルに変えてみようかな。今、味気ない色だから明るい雰囲気にしたくて

 いいわね!我が家はちょっとお金を貯めて、本格的にリフォームしちゃおうかな!そうしたら、いつだって海外のカフェに来た気分になれちゃう♪