【新築戸建て編】外構工事の流れを徹底解説!住まいの満足度は外構で変わる
47
門まわり

【新築戸建て編】 外構工事の流れを徹底解説!
住まいの満足度は外構で変わる

家づくりをしていると、よく耳にする「外構工事」という言葉。でも、いったい「外構」ってどういう意味なのでしょう?なんとなく、家の外まわりのことのような気がするけれど、「エクステリア」や「庭づくり」との違いがよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。

また、新築戸建ての外構工事といっても、ゼロから設計して住まいづくりを行う「注文住宅」と、建物と外構がほとんど完成している「分譲住宅」「建売住宅」とでは、それぞれ検討することも変わります。そこで今回は、外構工事の基本的な知識と、新築戸建てをご検討中の方が知っておきたいポイントについて解説します。

「外構工事」とはどのような工事のこと?

「外構工事」とはどのような工事のこと?

住まいづくりで欠かせない「外構工事」。まずは、基本的な知識について解説しましょう。

そもそも「外構」ってなに?

外構とは、建物の外にある構造物のこと。たとえば、門、塀(フェンス)、植栽、アプローチ、カーポートなどを指します。外構は家全体の使い勝手や外観の印象を決めるだけでなく、外部の視線を遮ることでプライバシーを保護したり、防犯の機能なども果たしています。

「外構工事」とは

上記にあげた、さまざまな構造物にかかわる工事のことを言います。

外構とエクステリアの違い

外構とよく似た言葉に「エクステリア」があります。その違いはどこにあるのでしょうか。

外構とエクステリアの違い

エクステリアは、外構と同じ意味で使われることも多いのですが、外構が構造物のことを指すのに対し、エクステリアは構造物を含めた「外まわりの空間全体」を指します。
エクステリアと対象的な言葉として、「インテリア」があります。インテリアをかたちづくるのは、床・壁・天井の素材やカラーだけではありません。そこに置く家具や調度品、照明とその光など、さまざまな要素がインテリアを構成しています。
エクステリアも同様に、庭の木々や玄関に至るまでのアプローチのデザイン、車庫スペースなども含めたより広い室外空間全体と捉えることができます。

外構とは住まいの外にある構造物のこと

インテリア
エクステリア

外構工事の流れを知ろう!
【新築戸建ての場合】

建物の間取りプランを決めていくのと同じように、新築戸建ての外構も「注文住宅」「分譲住宅」「建売住宅」のそれぞれで、依頼の仕方や内容はさまざま。ここでは、外構工事を建物と一緒に住宅メーカーや工務店にまとめて依頼する場合と、自分で別の専門会社を探す場合のそれぞれのポイントと、実際の外構工事の流れを見ていきましょう。

【住宅メーカーや工務店にまとめて依頼する場合】

ポイント

住宅メーカーや工務店にまとめて依頼するメリットは、建物と外構とのトータルコーディネートが考えやすく、打ち合わせの手間を減らせることです。しかし一方で、建物づくりに集中するあまりエクステリアの検討が後回しになってしまい、工期や予算が折り合わなくなってしまうこともあります。

工事の流れ

建物とともに、エクステリアプラン・見積り書をもらう

建物とともに、エクステリアプラン・見積り書をもらう

住まいの設計とともに、つくりたい外構についてのイメージを伝え、エクステリアプランと見積もり書を依頼します。

詳細打ち合わせ

詳細打ち合わせ

エクステリアプランと見積り書を確認し、変更したい点などを伝えます。
家を外から見たときの景観や、毎日の出入り、勝手口まわり、家の中から見る周囲の景色など、なるべく具体的なイメージを膨らませましょう。

エクステリア決定・工事契約を締結する

エクステリア決定・工事契約を締結する

提案内容と見積り額に納得できたら、契約を締結します。外構工事の契約は、建物の契約と別の場合がありますので、事前に打ち合わせて確認しておきましょう。

着工~完成・引き渡し

着工~完成・引き渡し

建物と外構工事をまとめて依頼した場合でも、基本的に外構工事は建物が完成してから着工することになります。また、完成後はプラン通りに完成したかどうか、営業担当や工事会社と一緒にひとつひとつ確認しましょう。何か不具合があれば、その場で指摘して補修等を依頼します。

※あくまで目安の進め方になります。詳しい進め方については依頼先に確認ください。

【外構専門会社に依頼する場合】

ポイント

外構工事を専門会社に依頼するメリットは、「エクステリアプランナー」や、「造園施工管理技士」「造園技能士」といったエクステリアのプロのアドバイスを聞くことができる点です。建物契約とは別になるので、新居に住み始め、周囲の環境に応じて外構を整えていくというのも、失敗をしないやり方の一つかもしれません。一方で、自分で専門会社を探す手間や時間がかかったり、希望する外構工事の内容やタイミングによっては建物工事との調整をする必要があります。

工事の流れ

相談する専門会社を選定

相談する専門会社を選定

建物の間取りが決まったら、外構について相談したい会社を何社か探して連絡を取ります。インターネットで検索する、建物を依頼する工務店に紹介してもらう、エクステリア設備メーカーのショールームで紹介してもらうといった方法があります。

エクステリア専門コーディネーターのいるショールームで相談してみよう

現地調査・打ち合わせ

建物の基礎ができ始めたら、専門会社と現地調査と打ち合わせを行います。このときに、どのようなエクステリアにしたいのかイメージを伝えましょう。

外構プラン・見積り書をもらう

外構プラン・見積り書をもらう

専門会社からプランと見積り書をもらい、内容を確認します。変更したい点があれば伝えて、再度プランと見積り書をもらいます。複数の会社からプランと見積もり書をもらうと比較しやすいですが、その分打ち合わせの手間も増えます。

依頼先を決定・契約を締結

依頼先を決定・契約を締結

納得できるプランと工事内容になっていればいよいよ契約です。

着工~完成・引き渡し

着工~完成・引き渡し

基本的に建物が完成してから着工することをおすすめします。建物工事と外構工事が同時に行われる場合は双方の工事が円滑に進むよう調整が必要になることもありますので、事前に状況を共有しておくことも大切です。

※あくまで目安の進め方になります。詳しい進め方については依頼先に確認ください。

新築戸建ての外構づくりは
早期検討がおすすめ

室内の間取りやインテリアに比べ、エクステリアはつい後まわしになりがちな場所。しかし、いざ外構を考えるときには当初予定していた予算と合わず、最低限の外構工事しかできない…ということも少なくありません。せっかくの新しい住まいなのに、いつまでたっても目隠しがなく日中もカーテンを閉めっぱなしだったり、庭が荒れた状態で窓からの景色が見苦しいというのはもったいないですよね。

外構の早期検討で暮らしやすさが変わる

インテリアの設計や間取りに合わせて、エクステリアを考えておくことで、生活のしやすさが大きく変わります。たとえばゴミ出しひとつでもキッチンからわざわざリビング・玄関を通って持ち出すより、キッチン横のパントリーに出入り口を設け、サービスヤードと勝手口を作っておくとゴミ出しの動線がスムーズに。また駐車スペースの横にスロープを設置し、ウッドデッキやリビングとつなげることで大きい荷物の出し入れがラクになります。また、ベビーカーや車椅子を使うときでも、車から直接、寝室やリビングに出入りすることができます。

暮らしは家の中だけで行うものではありません。外とのつながりを意識して住まいの設計段階から外構計画を検討しておくことが、暮らしやすさを高めるポイントです。

住まいの外観が引き立ち満足度がアップ!

また、暮らしやすさ以外にも大切なのが、住まいの外観の見た目です。外構がきちんとしている家とそうでない家では、外から見たときの印象が大きく異なります。新築して時間が経つのに、いつまでも外構が完成していないと防犯意識の低い家だと不審者から狙われるかもしれません。

門まわりや玄関アプローチをしっかりデザインしておくことで、しっかりとした家という印象を近隣に与えることができます。見た目はもちろん、毎日わが家に帰宅したときの誇らしさや満足度もきっと変わります。

新築の外構づくりにおすすめの
LIXILの門まわり・塀・フェンス

開き門扉AB

門まわりは外とのつながりをもち、住まいの第一印象を決める重要なアイテムです。開き門扉ABは、目隠しから格子まで豊富なデザインをご用意。あなたの住まいに最適な外構づくりを演出します。

スマート宅配ポスト

スマートフォンと連携することで、家に不在時でも荷物の受け取りや発送がスムーズにできる「スマート宅配ポスト」もおすすめ。宅配ボックス・ポスト・サイン・インターホンの機能をひとつにまとめることで、すっきりとした門まわりをデザインできます。

あわせて読みたい

  • カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?

    カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?

    good
  • 【建売住宅・リフォーム編】外構工事の流れを徹底解説! 建てたあとからのエクステリアづくりのコツ

    【建売住宅・リフォーム編】外構工事の流れを徹底解説! 建てたあとからのエクステリアづくりのコツ

    good
  • 非対面でも安心して受け取れる!門袖の壁にも収まる宅配ボックス

    非対面でも安心して受け取れる!門袖の壁にも収まる宅配ボックス

    門まわり
  • 玄関アプローチのおしゃれなデザインと作り方をご紹介

    玄関アプローチのおしゃれなデザインと作り方をご紹介

    門まわり

最近のいいコト

  • 外まわりを自然に演出する「生垣」。知っておきたいお手入れの方法と時期
  • 夏のおうち時間を涼しく快適に!直射日光をおしゃれに防ぐ方法とは?
  • おうち時間がもっと楽しくなる!子どもでも簡単な家庭菜園の始め方
  • カラーを刷新!2020年のエクステリアカラーのトレンドは?
  • 【建売住宅・リフォーム編】外構工事の流れを徹底解説! 建てたあとからのエクステリアづくりのコツ
  • ガーデンルームGFでおうち時間を充実させよう!
  • 【新築戸建て編】 外構工事の流れを徹底解説! 住まいの満足度は外構で変わる
  • プライバシーを守りたい人のためのフェンスAB
  • 家時間が増えた今やっておきたいお家の紫外線対策とは?
  • 非対面でも安心して受け取れる!門袖の壁にも収まる宅配ボックス
  • 梅雨の洗濯物対策には ガーデンルームがおすすめ!
  • エコで楽しい自然のエクステリア。「グリーンカーテン」で真夏を乗り切ろう