家時間が増えた今やっておきたいお家の紫外線対策とは?
45
ガーデンスペース

家時間が増えた今やっておきたい
お家の紫外線対策とは?

暖かな日が増え、日中の日差しが心地よい季節になってきました。一方で、この時期に気になるのが紫外線。日差しの強い季節は、日傘や帽子を使ったり、日焼け止めを塗ったりといった対策が欠かせません。実は紫外線は季節を問わず降り注いでいるため、1年中対策することが大切です。また、室内にいても窓やカーテンを通して侵入するため、知らずに浴び続けると肌だけではなく住まいにもダメージが!? 在宅ワークや外出自粛で家時間が増えた今だからこそ、ぜひやっておきたい、自分とお家のための紫外線対策で、長くいても快適に過ごせる住まいを実現しましょう。

家にいるだけで紫外線を浴びている?

紫外線は、波長の長さによって「UVA」「UVB」という種類があります。地表に降り注ぐ紫外線のうち約9割を占めるのがUVA。波長が長いため、雲や窓ガラスなどを透過することから「生活紫外線」とも呼ばれています。一方、UVBは屋外での日焼けの主な原因になるため「レジャー紫外線」とも言われ、窓ガラスなどでほぼ遮断できるものの肌の炎症を招いたり、眼のトラブルや皮膚ガンの原因になる場合があります。

家の中にも紫外線は入ってくる!

室内の紫外線は主に窓から侵入し、日当りの良い窓辺では屋外の約80%、他の場所でも日光の反射や散乱などによって約10%の紫外線が入り込むそうです(※)。紫外線量は春から夏がピークのため、ちょうど外出自粛や在宅ワークが増えたこの時期に、少しでも自然の光にふれようと窓際に多くいた方は注意が必要です。

また、UVAは冬でも夏の半分程度降り注いでいます。晴れた日に比べると、曇りの日で約6割、雨の日でも約2割の紫外線が地表に届いています。つまり季節や天候を問わず、年中紫外線対策を心がけることが大切なのです。

※環境省「紫外線環境保健マニュアル2008」より

紫外線による住まいへのダメージ

UVAを浴びると肌はゆっくりと黒くなり、UVBは短時間で肌にダメージを与えます。住まいも同じように、紫外線は屋根や外壁、エクステリアをはじめ、屋内の家具やフローリングなどに影響を与えます。

紫外線による住まいへのダメージ

色あせ、変色

レザー製のインテリアの色艶が失われるほか、自然素材の家具や雑貨、カーテンなどは購入時より退色が進んで色あせしてきます。フローリングは表面が黄色く変色したり、ペイントされているものは塗料が剥がれやすくなったりすることもあります。

色あせ、変色

ひび割れ、劣化

過度の乾燥によってフローリングの浮きやはがれの原因になったり、傷がつきやすくなったりします。紫外線を浴び続けることで、家の外にあるウッドデッキの色が変色したり、プラスチックなどの樹脂製品にはひび割れなどが発生することもあります。

ひび割れ、劣化

【対策①】窓に、家具に。内側からガードする

窓ガラス

窓ガラスに、紫外線カット効果を施した「UVカットガラス」を採用。通常の窓ガラスに「UVカットフィルム」を貼ったり、「UVカットスプレー」を吹き付けたりする方法もあります。

窓ガラス

家具やフローリングの素材選び

光を通しながら紫外線をカットする「UVカットカーテン」や「UVカットレースカーテン」、紫外線も光も通さない「遮光カーテン」などがあります。家具には専用のUVカットスプレーを使ったり、UV加工の施された布でカバーしてもいいでしょう。

家具やフローリングの素材選び

【対策②】「サンシェード」で、外側からカット

窓の外側に「日除け(サンシェード)」を設けることで、高いUVカット効果を得られます。とは言え、「よしず」や「すだれ」は、設置したり外したりする手間が面倒ですよね。LIXILには、機能性はもちろん、操作性やデザイン性にも配慮したサンシェードが充実。住まいのイメージに合わせて設置すれば、外観の印象もがらりと変わりますよ。

スタイルシェード

スプリングによる巻き上げ式の構造なので、窓の上部のボックスからサッと引き下げるだけで、しっかり日差しをカット。使わない時はすっきり収納できます。テラス屋根やガーデンルームにも取り付けができるので、気持ちのいいアウトドア空間になります。

スタイルシェード1
スタイルシェード2
スタイルシェード3

オーニング「彩風(あやかぜ)」

オーニングとは、厚手のキャンバス生地などを使った日除けのこと。「彩風」は、電動・リモコン・センサーで使いやすく、カフェのようなおしゃれな雰囲気を演出できるのも魅力!

オーニング「彩風(あやかぜ)」

多目的バー・簡易タープ

壁面に簡単に設置できる多目的バーに、専用の簡易タープを取り付けて紫外線をカットします。多目的バーは洗濯物を干すときにも大活躍しますよ。

多目的バー・簡易タープ

あわせて読みたい

  • 梅雨の洗濯物対策には ガーデンルームがおすすめ!

    梅雨の洗濯物対策には ガーデンルームがおすすめ!

    ガーデンスペース
  • 住まいのワークスペースとしてウッドデッキを便利に使いこなそう!

    住まいのワークスペースとしてウッドデッキを便利に使いこなそう!

    ガーデンスペース
  • 自宅の庭を遊び場に!子どもが遊べるスペースづくり

    自宅の庭を遊び場に!子どもが遊べるスペースづくり

    ガーデンスペース
  • 自宅であこがれの日本庭園をつくる方法とは?

    自宅であこがれの日本庭園をつくる方法とは?

    ガーデンスペース

最近のいいコト

  • 【新築戸建て編】 外構工事の流れを徹底解説! 住まいの満足度は外構で変わる
  • プライバシーを守りたい人のためのフェンスAB
  • 家時間が増えた今やっておきたいお家の紫外線対策とは?
  • 非対面でも安心して受け取れる!門袖の壁にも収まる宅配ボックス
  • 梅雨の洗濯物対策には ガーデンルームがおすすめ!
  • エコで楽しい自然のエクステリア。「グリーンカーテン」で真夏を乗り切ろう
  • スタイリッシュで風や雪にも強いカーポートSC1500
  • 玄関アプローチのおしゃれなデザインと作り方をご紹介
  • 住まいのワークスペースとしてウッドデッキを便利に使いこなそう!
  • 住まいを自然に個性豊かに彩るフェンス&植物のコンビネーション
  • 宅配ボックスを戸建て住宅に設置するときのポイント
  • 自宅の庭を遊び場に!子どもが遊べるスペースづくり